数理経済学 | 脚注

脚注

  1. ^ a b 武隈 2001, p. i.
  2. ^ 例えば神取 1994を参照。
  3. ^ 岡田 1996, p. 2。ただし、フォン・ノイマンは1928年に発表した論文"Zur Theorie der Gesellschaftsspiele"においてゼロ和2人ゲームのミニマックス定理が初めて証明しており、この画期的な論文によって現代のゲーム理論が誕生したという見方もある(前掲書9頁)。また、古典的な内容としては、フランスの経済学者クールノー1838年に著した『富の理論の数学的原理に関する研究』(Recherches sur les principes mathématiques de la théorie des richesses)にまでその歴史を遡ることも可能である。
  4. ^ 鈴木 2014, p. 142.