OpenSUSE
English: OpenSUSE

openSUSE
VirtualBox openSUSE Leap 42.png
openSUSE Leap 42.2 と KDE Plasma 5.8
開発者SUSE, openSUSE project
OSの系統Unix系Linux
開発状況開発中
ソースモデルオープンソース
初リリース1994年3月 (1994-03)
最新安定版リリースLeap 15.1 / 2019年5月22日(2か月前) (2019-05-22
アップデート方式Zypper, (YaST)
パッケージ管理RPM
対応プラットフォームx86-64
x86(Tumbleweed)
ppc64le(非公式)
AArch64(非公式)
カーネル種別モノリシックカーネル
既定のユーザインタフェースKDE, GNOME
ライセンスGNU GPLほか
ウェブサイトopenSUSE.org
テンプレートを表示

openSUSE(オープン・スーゼ、国際音声記号 /ˌoʊpənˈsuːzə/)は、SUSE及びその他企業等が支援するコミュニティー「openSUSEプロジェクト」によって開発されるオープンソースLinuxディストリビューションである[1]

元々はSUSEが開発するSUSE Linuxであった[2] 。2003年のノベルによるSUSE買収後、100%オープンソースを目指して開発体制をコミュニティベースに移行。SUSE Linuxから現名称に変更した。

現在の最新版は2019年5月22日リリースのopenSUSE Leap 15.1。Leapの他にもTumbleweedと呼ばれるローリング・リリースモデルを採用したプロジェクトがある[3] 。これは最新のソフトを積極的に取り込み、リリース版のベースになる。

同社のSUSE Linux Enterprise(商用版)のソースコードを利用している[4]