鹿島槍ヶ岳

鹿島槍ヶ岳
大町市から望む鹿島槍ヶ岳、双耳峰(左:南峰、右:北峰)
大町市から望む鹿島槍ヶ岳
双耳峰(左:南峰、右:北峰)
標高2,889.08[1] m
所在地日本の旗 日本
富山県黒部市立山町
長野県大町市
位置北緯36度37分28秒
東経137度44分49秒
北緯36度37分28秒 東経137度44分49秒[2]
山系飛騨山脈後立山連峰
種類褶曲隆起
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

鹿島槍ヶ岳(かしまやりがたけ)は、富山県黒部市中新川郡立山町および長野県大町市にまたがる後立山連峰飛騨山脈)の標高2,889 m[注釈 1][3]中部山岳国立公園内にある[注釈 2][4]。後立山連峰の盟主とされる[5][6]

山頂は南峰(標高2,889 m)と北峰(標高2,842 m)からなる双耳峰で、吊尾根と呼ばれるなだらかな稜線で繋がっている[3][7]。山頂部は森林限界を越える高山帯で、1922年(大正11年)10月12日に多くの高山植物が自生する白馬岳五竜岳を含む周辺の西面は「白馬連山高山植物帯」の特別天然記念物に指定された[8][9]日本百名山[7]花の百名山[10]新・花の百名山[11]の一つに選定されている。旧北安曇郡にあった旧美麻村[12]を代表する山として鹿島槍ヶ岳の眺望が『信州ふるさと120山』の一つに選定されている[13]剱岳立山と並び、日本では数少ない氷河の現存する山である[14]