間接民主主義

間接民主主義(かんせつみんしゅしゅぎ、英語: Indirect democracy[1][2])または間接民主制(かんせつみんしゅせい)とは、民主政のひとつで[2]国民選挙で選んだ代表者に一定の期間自らの権力の行使を信託し政治を委託することを通じて間接的に政治参加をし[1][2][3][4][5]意思の反映・実現を図る[4][5] 政治制度[1][2]議会政治がその具体的な形態である[5]

現代において間接民主制は政治制度の至る所で広く採用されており、戦後日本国憲法も間接民主制の立場を採ることを前文第41条第43条で明示している[1][2]。但し、多様な国民の利害を全て反映することはできないため直接民主制との併用によって、その欠陥は補われる[1][2]

同義語・類義語代議制[1]代表民主制[1][3][4][5]議会制民主主義[6]がある。対語直接民主制君主制独裁[1]