開発経済学

開発経済学(かいはつけいざいがく、:development economics)は、途上国の経済問題を分析する、経済学の一分野[1]。貧困や飢餓、栄養失調、失業、低賃金労働、低教育水準、女性差別、乳幼児や妊婦の高い死亡率、HIVやマラリアなどの感染病の蔓延、環境問題や水問題、汚職、貿易政策や債務問題など扱われるトピックは幅広い。そのため、ミクロ経済学マクロ経済学計量経済学労働経済学教育経済学教育経済学医療経済学産業組織論環境経済学組織の経済学都市経済学行動経済学など幅広い経済学の知識が必要とされることから、開発経済学は「経済学の十種競技」と呼ばれる[1]