都留重人
English: Shigeto Tsuru

都留重人
近代経済学
生誕1912年3月6日
死没2006年2月5日
他の指導学生高須賀義博
中村達也
渡会勝義
渡邉寛
村田稔
望月喜市
伊東光晴
関根友彦
影響を
与えた人物
宮崎義一[1]
宮本憲一[2]
実績国民経済計算における三面等価の原則の考案
公害問題を扱う雑誌『公害研究』(現『環境と公害』)を創刊した
テンプレートを表示

都留 重人(つる しげと、1912年(明治45年)3月6日 - 2006年(平成18年)2月5日)は日本経済学者一橋大学名誉教授。公害政治経済学を提唱し、雑誌『公害研究』(現『環境と公害』)創刊。

初代一橋大学経済研究所長、第6代一橋大学学長、ハーバード大学客員教授イェール大学客員教授、国際経済学連合会長(日本人初)、日本学士院会員等を歴任した。日本人として2人目のハーバード大学名誉学位保持者。

国民経済計算における三面等価の原則の考案・命名などをおこなった。