農村経済学

農村経済学(のうそんけいざいがく, Rural economics)とは、農村田舎)経済を対象とする経済学である。その分野は以下に渡る。

  • 農園と非農園残業[1]
  • 経済成長・農村開発・変化[2]
  • 生産の規模と分布、家計規模、域内商売[3]
  • 土地利用[4]
  • 農村住宅[5]と非住宅についての需要と供給
  • 農村への移住と過疎[6]
  • ファイナンス[7]
  • 開発・投資・規制・交通についての政策[8]
  • 一般均衡と厚生分析(相互依存システムや、都市と農村の所得差など)[9]