行動経済学

行動経済学(こうどうけいざいがく、: behavioral economics)とは、経済学数学モデル心理学的に観察された事実を取り入れていく研究手法である[1][2][3][† 1]

行動経済学は当初は主流派経済学に対する批判的な研究として生まれたが、1990年代以降の急速な発展を経て米国では既に主流派経済学の一部として扱われるようになった[4][† 2]

なお、通常は「行動経済学」といえば第二世代以降の行動経済学(新行動経済学)を指すが[5]、本記事では第一世代の行動経済学(旧行動経済学)についても併せて解説する。