米加自由貿易協定

米加自由貿易協定(べいかじゆうぼうえききょうてい、英語: Canada–United States Free Trade Agreement、頭字語: CUSFTA(カナダ)、英語: United States–Canada Free Trade Agreement、頭字語: USCFTA(米国)、フランス語: Accord de libre-échange entre le Canada et les États-Unis 、頭字語: ALECEU)は、公式名称が自由貿易に関するカナダとアメリカ合衆国との協定(じゆうぼうえきにかんするカナダとアメリカがっしゅうこくとのきょうてい)であり、1987年10月にカナダアメリカ合衆国の政府交渉者により作成され、1988年1月2日に両国の指導者(米:ロナルド・レーガン大統領、加:ブライアン・マルルーニー首相)によって署名された貿易協定である。

同協定は、10年間にわたって段階的に広範囲の貿易制限を段階的に廃止し、国境を越えた貿易を大幅に増加させた。

1994年メキシコが加わったことで、FTAは北米自由貿易協定NAFTA)により停止された[1]。この協定に規定されているように、米加自由貿易協定の主な目的は以下の通りであった。

  1. カナダと米国の間の商品やサービスの貿易障壁を排除する。
  2. 本協定により設立された自由貿易圏内の公正な競争条件を促進する。
  3. 自由貿易圏内の投資条件を大幅に自由化する。
  4. 協定の共同運営と紛争解決の効果的な手続を確立する。
  5. 本協定の恩恵を拡大し強化するための二国間および多国間のさらなる協力のための基盤を築く。