環境経済学

環境経済学(かんきょうけいざいがく、: environmental economics)は環境問題を扱う経済学の一分野である[1]。具体的課題としては、地球温暖化対策[2]廃棄物処理とリサイクル[3]森林破壊生物多様性の保全などを扱った研究[4]が多い。既存の経済学を前提として、環境問題に対してその応用分析を行う「環境の経済学」と、環境問題によって既存の経済学の枠組み自体が問い直されているという認識に基づく「環境と経済の学」に大別できる。