明応地震

明応地震
本震
発生日ユリウス暦1498年9月11日(明応7年8月25日)
発生時刻8時ごろ
震央東海道沖
規模   M8.6
最大震度   震度6:東海地方・甲信など
津波熊野灘・遠州灘・伊豆半島
被害
被害地域東海地方・甲信など
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示
明応地震の震度分布[1][2]

明応地震(めいおうじしん)は、室町時代後期(戦国時代初期)に発生した地震である。南海トラフ沿いの巨大地震南海トラフ巨大地震)と推定されている。

記録にある被害分布が安政東海地震に類似しており[1]、震源域は東海道沖と思われるものであった[3]。一方で、四国でも一部大地震があったとする記録が見出され、また発掘調査から同時期の南海道沖の地震の存在の可能性が唱えられている。