日本語の表記体系

日本語の表記体系
Heibon-pp.10-11.jpg
縦書き漢字仮名交じり文で書かれた小説漢字には振り仮名が振られている。1908年二葉亭四迷平凡」。
類型:表語文字漢字)と音節文字平仮名片仮名)の併用
言語:日本語
時期:4世紀-現在
親の文字体系:
漢字 - 万葉仮名
  • 日本語の表記体系
Unicode範囲:U+30A0–U+30FF(片仮名)
ISO 15924 コード:Jpan
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。

日本語の表記体系(にほんごのひょうきたいけい)では、日本語文章等を文字によって表記するための系統的な方法について解説する。本項目では現代日本語表記体系とその歴史を扱っている。日本語の概略に関しては日本語を参照。