尖閣諸島

尖閣諸島
外交紛争のある諸島
Diaoyutai senkaku.png
尖閣諸島の位置と名称
1.魚釣島 2.大正島 3.久場島 4.北小島 5.南小島 6.沖の北岩 7.沖の南岩 8.飛瀬
地理
所在地東シナ海
座標北緯25度 - 26度
東経123度 - 125度
島数5島 3岩礁
主要な島魚釣島、久場島、大正島など
最高地
  • 魚釣島
実効支配
 日本
沖縄県石垣市登野城[1][2]
領有権主張
 日本
沖縄県石垣市登野城
 中華民国
台湾省宜蘭県頭城鎮大渓里中国語版[3][4]
 中国
台湾省宜蘭県[注 1][5]
人口統計
人口0人(全て無人島)

尖閣諸島(せんかくしょとう)は、東シナ海の南西部にある島嶼群。石垣島北方約130 – 150kmの、北緯25度43分 - 56分、東経123度27分 - 124度34分の海域に点在する[6]尖閣列島(せんかくれっとう)ともいう。

日本実効支配しており、中華人民共和国および中華民国がそれぞれ領有権を主張している。「尖閣諸島」および「尖閣列島」は日本における呼称であり、中国では釣魚群島あるいは釣魚島及びその付属島嶼(簡体字: 钓鱼岛)[7]台湾では釣魚台列嶼(繁体字: 釣魚臺列嶼)と呼ばれている。