実験経済学

実験経済学(じっけんけいざいがく、: experimental economics)とは、経済学的な問題に対して実験的な手法[1]による研究を行う分野である。集められるデータは主に効果量の推定、理論の妥当性の検証、および市場メカニズムの解明等に使われる。実験経済学においては通常、現実のインセンティブを再現するために、被験者には現金による動機付けが行われる。実験は、市場やその他の交換システムがなぜ機能するのかを理解する手掛かりとなるものである。

基本的な主題は実験デザインである。実験は、実際のフィールドか、もしくは実験室において、個人もしくは集団の行動を対象に行われる。[2]