古典派経済学

古典派経済学(こてんはけいざいがく、classical political economy)とは、労働価値説を理論的基調とする経済学の総称である[1]。18世紀後半からスミスマルサスリカードミルといったイギリス経済学者によって発展されたため、イギリス古典派経済学とも呼ばれる。経済学史上初の主流派経済学であったが、1870年代に誕生した新古典派経済学によって論駁され、主流派の座から退いた[1]マルクス経済学は古典派経済学を継承しており、マルクスも古典派経済学者に分類されることがある[2][3]