全米作家協会他対Google裁判

全米作家協会他対Google裁判 (英語: The Authors Guild Inc., et al. v. Google, Inc.) は、デジタル著作物の著作権侵害を巡って、2005年から2016年にかけて争われたアメリカ合衆国集団訴訟である。デジタル著作物が世界各国で流通していたことから、諸外国の政府からも批判を受け、一時は外交・国際司法の問題も孕んでいた。原告団は著作権擁護を推進する業界団体の全米作家協会 (The Authors Guild、略称: AG) および著作者個人3名で構成され、被告はGoogleブックスを運営していたGoogleである。同件では全米出版社協会英語版 (The Association of American Publishers、略称: AAP) も同時期に単独訴訟を起こしており[1]、本項では2本の訴訟を併せて解説する。