リチャード・カーン

カーン男爵、リチャード・カーン(Richard Ferdinand Kahn、Baron Kahn、1905年8月10日 - 1989年6月6日)は、イギリスロンドンに生まれた経済学者ユダヤ系[1]一般理論の共著者的存在とされ、貨幣論からもアドバイスを受けたと一般理論の序文で触れている。ケンブリッジ大学ケインズと若手経済学者の研究会との結び付けを強くさせるのに貢献した。また、初めて「乗数」という考え方を明らかにして、ケインズの「投資乗数」の理論に役立てた(カーンの場合「雇用乗数」)。「サーカス」(ケインズサーカス)の一員であった。