ボーイスカウトアメリカ連盟対デール事件

ボーイスカウトアメリカ連盟対デール事件
Seal of the United States Supreme Court.svg
弁論:2000年4月26日
判決:2000年6月28日
事件名:Boy Scouts of America and Monmouth Council, et al., Petitioners v. James Dale
前史160 N.J. 562, 734 A.2d 1196, reversed and remanded
裁判要旨
民間団体は、一定の条件の下では、州の差別禁止法にかかわらず、憲法修正第1条が保障する結社の自由により個人を会員から除外することができる。
裁判官
意見
多数意見レンキスト
賛同者:オコナー、スカリア、ケネディ、トーマス
少数意見スティーブンス
賛同者:スーター、ギンズバーグ、ブライヤー
異議意見スーター
賛同者:ギンズバーグ、ブライヤー
参照法条

ボーイスカウトアメリカ連盟対デール事件(ボーイスカウトアメリカれんめいたいデールじけん、Boy Scouts of America et al. v. Dale)530 U.S. 640 (2000)は、2000年6月28日にアメリカ連邦最高裁判所が、公共施設で同性愛者を平等に扱うことを定めた州法があることにかかわらず、憲法が保障する結社の自由により、ボーイスカウトアメリカ連盟 (BSA)が同性愛者を会員から除外することを認める判決を出した事件。BSAといった民間団体は、「その人物の存在がその団体の公的または私的な見解を主張する力に重大な影響を与える」場合は、その人物を会員から除外することができると判断された[1]。5対4の票差で、連邦最高裁判所は同性愛への反対はBSAの「表現活動」の一部であり、成人の同性愛者をリーダーに置くことは、その表現活動を妨害することになると判決した[2]

参考文献

  1. ^ Boy Scouts of America v. Dale, 530 U.S. 640 (2000).
  2. ^ Greenhouse, Linda (2000年6月29日). “Supreme Court Backs Boy Scouts In Ban of Gays From Membership”. The New York Times