ホープダイヤモンド
English: Hope Diamond

ホープ
HopeDiamondwithLighting2 (cropped).JPG
ペンダントから取り外されたホープダイヤモンド
質量45.52 カラット (9.1 g)
ファンシー・ダーク・グレーイッシュ・ブルー
カットアンティーク・クッション
発掘国インドの旗 インド共和国
アーンドラ・プラデーシュ州?
発掘鉱山コラール鉱山?
発見日不明
現在の形で登場する最古の文献はイギリスの宝石商ダニエル・エリアーソンが所有していたという1812年9月の記録。
カット者不明
フレンチ・ブルーからの切り出しは1791年以降
その後1949-1958年の間のいずれかに、ハリー・ウィンストンの手によりわずかに削られる。
初期所有者不明
ただしその後の来歴には数多くの名が記されている
一例を挙げるとフランスの宝石商ジャン=バティスト・タヴェルニエ、フランス国王ルイ16世、名の由来となったイギリスの銀行家ヘンリー・ホープ等など。
現所有者アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 国立自然史博物館 (アメリカ)
推定価格2-2.5億ドル
ホープダイヤモンド。白金製のペンダントの中央に飾られている
タヴェルニエが持ち帰った当時のホープダイヤモンドのレプリカ(キュービック・ジルコニア製)。彼のスケッチに基づき再現
ルイ15世が作らせた「フランスの青」を含む金羊毛騎士団用ペンダントのレプリカ(2010年

ホープダイヤモンド(Hope Diamond)は、現在スミソニアン博物館のひとつである国立自然史博物館に所蔵されている45.52カラットのブルー・ダイヤモンド[1]

クラリティはVS1。

紫外線を当てると、1分以上に渡って赤い燐光を発する。紫外線を当てられて発光するダイヤモンドは珍しくないが(ダイヤモンドのうちおよそ1/3は紫外線を当てると発光する)、赤くしかも1分以上も光り続けるというのは極めて珍しく、現在のところその原理は解明されていない。

青い色の原因は、不純物として含まれるホウ素が原因であることが解析の結果判明したが、ダイヤモンドが生成される地下深くでは、ホウ素はほとんど存在しないとされている。このため、「なぜダイヤモンドの生成時にホウ素が含まれたのか?」についても謎となっている。[2]

いわゆる「持ち主を次々と破滅させながら、人手を転々としていく『呪いの宝石』」として有名であるが、その伝説は大幅に脚色されている(後述)。

現在では、ホープダイヤはその周りに16個、鎖に45個のダイヤをはめ込んだ白金製のペンダントの中央を飾っている。