パラナル天文台

パラナル天文台

Paranal top.jpg

運営者ヨーロッパ南天天文台
コード309
所在地 チリアントファガスタ州セロパラナル
座標南緯24度37分38秒 西経70度24分15秒 / 南緯24度37分38秒 西経70度24分15秒 / -24.627222222222; -70.404166666667
望遠鏡VLT Survey Telescope[*], VISTA[*], 超大型望遠鏡
コモンズ ウィキメディア・コモンズ
テンプレートを表示

パラナル天文台(パラナルてんもんだい、英語: Paranal Observatory)は、チリアタカマ砂漠にある山・セロパラナルに設置された天体観測所で、ヨーロッパ南天天文台によって運営されている。超大型望遠鏡VLT (Very Large Telescope) はパラナルで最大の望遠鏡である。4台の口径8.2mの望遠鏡によって構成される。4台の望遠鏡で観測した干渉させ、Very Large Telescope干渉計 (VLTI) として観測を行うこともできる。干渉計としての撮像能力を向上させるため、4台の1.8m補助望遠鏡が追加されている。

さらに、掃天観測に用いられる口径2.6mのVLT掃天望遠鏡 (VST) と口径 4.1mのVISTAが運用されている。