ハーレー対ボストンのアイルランド系アメリカ人ゲイ、レズビアンとバイセクシュアルグループ事件

ハーレー対ボストンのアイルランド系アメリカ人ゲイ、レズビアンとバイセクシュアルグループ事件
Seal of the United States Supreme Court.svg
弁論:1995年4月25日
判決:1995年6月19日
事件名:John J. Hurley and South Boston Allied War Veterans Council v. Irish-American Gay, Lesbian and Bisexual Group of Boston, Etc.
裁判要旨
公共デモを主催する民間人は、主催者にとって望ましくないメッセージを発信する集団をデモに加えることを州によって強制されない。
裁判官
意見
多数意見スーター
賛同者:全員
参照法条

ハーレー対ボストンのアイルランド系アメリカ人ゲイ、レズビアンとバイセクシュアルグループ事件(ハーレーたいボストンのアイルランドけいアメリカじんゲイレズビアンとバイセクシュアルグループじけん、Hurley v. Irish American Gay, Lesbian, and Bisexual Group of Boston)515 U.S. 557 (1995)は、公衆に対しどのようなメッセージを発信するかを活動の主体が決める権利という表現の自由の権利に関する、アメリカ合衆国最高裁判所のランドマーク的な判決。民間団体は、認可を得て公共デモを計画していたとしても、団体が発信することとは逆のメッセージを発信する集団をデモから除外することが認められると最高裁は判決した。例え差別を防止することが理由だったしても、州は公共デモを主催する民間人に対し、民間人にとって望ましくないメッセージを発信する集団をデモに加えるよう強制することはできないと最高裁は判示した。