スティーブン・ブライヤー

スティーブン・ブライヤー
Stephen Breyer
生年月日 (1938-08-15) 1938年8月15日(81歳)
出生地アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カルフォルニア州サンフランシスコ市
出身校スタンフォード大学オックスフォード大学ハーバード・ロー・スクール
宗教ユダヤ教

任期1994年8月3日 -
任命者ビル・クリントン
テンプレートを表示

スティーブン・ブライヤー(Steven Breyer, 1938年8月15日 - ) は合衆国最高裁判所陪席判事であり、1994年8月3日に就任した[1]ハーバード・ロー・スクールでは、1967年から1994年までの間に教員、助教授、教授を歴任した。最高裁判所でのブライヤーはリベラルな判断を下すことが多い。

1994年8月にハリー・ブラックムン英語版陪席判事が退官したことに伴い、ビル・クリントン大統領がブライヤーを同職へ指名した。この人事案は1994年8月のアメリカ合衆国上院の本会議において87対9の採決で承認を受け、ブライヤーは宣誓を経て就任した。

経歴

ブライヤーはカリフォルニア州サンフランシスコで、父アービング・ブライヤーと母アンネ・ロバーツとの間に生まれた。父親はサンフランシスコ市の教育委員会で法律顧問を務めていた。[2]

スタンフォード大学とオックスフォード大学モードリン・カレッジを卒業し、ハーバード大学ロースクールを卒業した。

ロースクール卒業後の1964年、ブライヤーは連邦最高裁のゴールドバーグ判事の下でロー・クラークとして働いた。1965年から1967年までは独占禁止法問題に関する司法長官の特別補佐として働いたあと、1973年にはウォーターゲート事件の特別検察班の特別検察官補佐を務めた。.[3]

また、1967年からはハーバード・ロースクールで教鞭を取り、行政法を教えていた。

1980年にジミー・カーター大統領(当時)によって第1巡回区連邦控訴裁判所判事に指名され、裁判官としてのキャリアをスタート。1990年からは第1巡回区連邦控訴裁判所長官を務めた。

1994年5月13日にビル・クリントン大統領によって、引退を発表したブラックムン判事の後任に指名された。1994年8月3日のアメリカ合衆国上院の本会議において87対9の採決で承認を受け、連邦最高裁判所陪席判事に就任した。