ジョン・メイナード・ケインズ

ジョン・メイナード・ケインズ
ケインズ経済学
生誕1883年6月5日
ケンブリッジシャーケンブリッジ
死没 (1946-04-21) 1946年4月21日(62歳没)
イースト・サセックス、ティルトン(near Firle)
国籍イギリスの旗 イギリス
研究機関ケンブリッジ大学
研究分野マクロ経済学,確率論
母校ケンブリッジ大学キングス・カレッジ
影響を
受けた人物
アダム・スミスデヴィッド・リカードデイヴィッド・ヒュームジョン・スチュアート・ミルトマス・ロバート・マルサスエドマンド・バークシルビオ・ゲゼルG・E・ムーアアルフレッド・マーシャルクヌート・ウィクセルデニス・ロバートソンミハウ・カレツキ
論敵カール・マルクスフリードリヒ・ハイエクアルフレッド・マーシャルアーサー・ピグー
影響を
与えた人物
T・K・ワイテイカー、パトリック・リンチ、サイモン・クズネッツポール・サミュエルソンジョン・ヒックスジョージ・シャックル、ウィリアム・ヴィクレー、ジョン・ケネス・ガルブレイスハイマン・ミンスキーロバート・シラージョセフ・スティグリッツポール・クルーグマンヌリエル・ルビーニロイ・ハロッドジョーン・ロビンソンオースティン・ロビンソンリチャード・カーンジェイムズ・ミードピエロ・スラッファ
実績マクロ経済学
ケインズ経済学
流動性選好説
支出乗数
総需要・総供給モデル
テンプレートを表示

初代ケインズ男爵、ジョン・メイナード・ケインズ(John Maynard Keynes、1st Baron Keynes、1883年6月5日 - 1946年4月21日)は、イギリス経済学者官僚貴族イングランドケンブリッジ出身。20世紀における最重要人物の一人であり、経済学者の代表的存在である。有効需要[1]に基いてケインズサーカスを率いてマクロ経済学を確立させた。また、戦後の外為体制(ブレトン・ウッズ体制)をめぐりハリー・ホワイトと案を出し合った。

経済学の大家アルフレッド・マーシャルの弟子であり、論敵アーサー・セシル・ピグーとは兄弟弟子であった。また、ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインブルームズベリー・グループと交流があったことが有名である。