アメリカ同時多発テロ事件

アメリカ同時多発テロ事件
September 11 Photo Montage.jpg
最上段:旅客機の衝突で炎上するワールドトレードセンター
2段目左:ペンタゴンに突入した痕跡
2段目右:2機目の旅客機が激突し爆発炎上するワールドトレードセンター
3段目左:崩壊後のワールドトレードセンターと生存者の救出活動を行う消防士
3段目右:ユナイテッド航空93便の残骸
最下段:ペンタゴンに突入する瞬間を捉えた映像のコマ
場所アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク(1度目と2度目)
アメリカ合衆国の旗 アーリントン(3度目)
アメリカ合衆国の旗 シャンクスヴィル(4度目)
日付2001年9月11日火曜日
午前8時46分 - 午前10時28分(EDT
標的ワールドトレードセンターの北棟と南棟、アメリカ合衆国国防総省本部庁舎ペンタゴン
第4の標的は不明。ワシントンD.C.の場所だと考えられている。アルカイダ合衆国議事堂が第4の標的になっていたと主張している。
攻撃手段ハイジャック自爆テロ
死亡者2,996人(被害者2,977人 + 実行犯19人)[1][2][3]
負傷者6,291人以上
容疑者アルカイダ

アメリカ同時多発テロ事件(アメリカどうじたはつテロじけん、: September 11 attacks)は、2001年9月11日アメリカ合衆国で同時多発的に実行された、イスラム過激派テロ組織アルカイダによる4つのテロ攻撃の総称[4][5][6]。一連のテロ攻撃による死者は2996人、負傷者は6000人以上であり、インフラ等への物理的損害による被害額は最低でも100億ドルとされている[7][8]

この事件を契機として、国際テロ組織の脅威が世界的に認識されるようになり、アメリカはテロとのグローバル戦争(GWOT: Global War on Terrorism)の標語を掲げ始め、アメリカ合衆国と有志連合はアルカイダやアルカイダに支援を行った国への報復を宣言し、アフガニスタン紛争イラク戦争に繋がった。

さらにこれらの戦争によって不安定化した中東では、シリア内戦ISIL等のイスラム過激派の台頭、アメリカ合衆国とイランの関係が緊迫するなどの事態が発生した。また、国際的にもイスラム原理主義が活発化し、対テロ戦争の本格的な起点にもなった。

航空機のマンハッタン超高層ビルへの大規模衝突事件としては、1945年エンパイア・ステート・ビルディングへのB-25激突事故以来となった。

目次